「winmail.dat」添付ファイルが来たときの対処方法

ユーザ各位

電子メールソフトウェア「Micrsoft Outlook」が採用している「TNEF-encoded messages」という特殊なフォーマットが原因です。この対処法としては

  1. (ベスト)送信者に、送信者の電子メールソフトウェアの設定を変更してもらう
  2. TNEF-encoded messagesを開くためのソフトウェアを別途導入する

があります。ベストは「1」です。送信者関連の方々にとってもよい話だからです。しかしながらレジストリを変更しなければなりません。それぞれの方法について下記に解説します。

Microsoft Outlookで「TNEF-encoded messages」を解除する

  • Outlook 2003
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options\Mailの「DontEncodeCustomNote」 を「1」にする
  • Outlook 2007
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mailの 「DontEncodeCustomNote」 を「1」にする

となります。Outlook XPでは、11.0が10.0になるのでしょう。しかしレジストリを直接触ることにはリスクもあります。そこで開いて適応するだけで設定を変更できるツールを作成しました。

  • Tools for Disable or Restore winmail.dat format for Microsoft Outlook 2003/2007
    • Disable-winmail-Outlook2003.reg:  標準添付形式にする(Outlook2003専用)
    • Disable-winmail-Outlook2007.reg:  標準添付形式にする(Outlook2007専用)
    • Enable-winmail-Outlook2003.reg:  初期設定に戻す(特殊形式)(Outlook2003専用)
    • Enable-winmail-Outlook2007.reg:  初期設定に戻す(特殊形式)(Outlook2007専用)

winmail.datを開く

Microsoft Outlookをお使いなら、winmail.datは表示されず通常の添付ファイルが見えているはずです。winmail.datが添付ファイルとして見えてしまっているなら、「Winmail Opener」のようなフリーソフトを使って、winmail.datの中身を解析・展開してあげる必要があります。

記事を評価する(This article is evaluated): [1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars]
*記事評価(This evaluation status): 2 投票 (vote), 平均値/最大値 (Averate/Max): 3.00 / 5
読み込み中...