電子メールサービス

本研究所では、2008年4月より Google Apps for Education を提供しています。

当初 Gmailサービスから初め、各種サービスを利用出来るようになっています。
以下、電子メールサービス(Gmail)の利用について紹介します。本研究所よりアカウントを手渡されましたら、まずは Gmail(https://gmail.com)へログインして利用できるかどうか確かめてください。

ウェブ版Gmailをお使いの場合

より、情報処理室より手渡されたアカウント情報を参考にログインしてください。

表示言語を変更したい場合

を参考にお使いになりたい言語へ変更してください。

電子メールソフトウェアをお使いの場合

本研究所では IMAPによる接続を推奨しています。
IMAPの場合には、ウェブ版Gmailと同期しますので、電子メール、Gmailともに同じフォルダ構成で利用できます。またより安全性の高い通信を行うことができます。

以下、Thunderbirdでの設定を例にあげます。
基本的に一般 Gmailと同様ですので、他の電子メールソフトについては、下記を参照してください。

なお、本研究所では、USBメモリや各種パソコンで自由に持ち運びの出来る Portable Thunderbird を利用者ご本人用のカスタマイズ版について紹介しています。詳しくは

をご参照ください。

受信メール(IMAP)の場合

  • サーバー名:imap.gmail.com
  • ポート:993
  • ユーザー名:◯◯@cseas.kyoto-u.ac.jp
  • 接続の保護:SSL/TLS
  • 認証方式:通常のパスワード(後から設定で OAuth2 へ変更)

※Thunderbirdの場合には、認証方式として「OAuth2」を設定してください。

受信メール(POP3)の場合

  • サーバー名:pop.gmail.com
  • ポート:995
  • ユーザー名:recent:◯◯@cseas.kyoto-u.ac.jp (先頭に recent: をつけてください)
  • 接続の保護:SSL/TLS
  • 認証方式:通常のパスワード認証

2段階認証を有効にしている場合:アプリ固有のパスワードを発行して、それをパスワードとしてお使いください。

2段階認証を有効にしていない場合:安全性の低いアプリからのアクセスを許可してください(非推奨)

送信サーバー設定

  • サーバー名:smtp.gmail.com
  • ポート:465
  • 接続の保護:SSL/TLS
  • 認証方式:通常のパスワード(後から設定で OAuth2 へ変更)
  • ユーザー名:◯◯@cseas.kyoto-u.ac.jp

 

手動設定方法

  1. アカウントの追加を開始します。
  2. 設定をした後に、「再テスト」ボタンを押してください。問題なければ「完了」ボタンを押せるようになっているので押してください。
    スクリーンショット 2016-05-11 18.37.29-i
  3. Thunderbirdのツール > アカウント設定を起動
  4. サーバー設定 > セキュリティ設定 > 認証方式を「OAuth2」に変更
    スクリーンショット 2016-05-11 18.37.49
  5. 送信(SMTP)サーバー > CSEASのsmtp.gmail.com の設定を編集し、接続の保護と認証方式を確認する。
    スクリーンショット 2016-05-11 18.48.12-i

 

以上の設定をすると最初の送受信時に、Googleへのログインする画面が出てくるのでログインしてください。これでGoogleが提供するセキュリティの高い通信方式を使うことができます。

 

2016年4月12日
2016年5月11日 修正

 

 

 

Pagetop