【作業記録】VALUESTAR PC-GV296VZLLの換装用ディスク選定

SSDが出始めたことにでたタイプになり、Cドライブが60GB少々しかありません。
そのため、利用されていた端末のWindowsフォルダだけでも80%以上の使用率(おそらくキャッシュなどが膨らんでいるとか)になっていました。

基盤がPCIスロット、mSATAタイプのSSD

となっていて注意が必要です。

デスクトップ端末のカバーは、本体裏面のロックを2つ解除し、前面を手前にスライドさせるようにしてあけます。
これがまた開けにくいので大変でした。数ミリずらしたところでマイナスドライバーなどを駆使して、なんとかずらしました。

さてPCIスロットの基盤の右中央にあるのがmSATAになります。

2015-05-19 17.10.35

どれを選ぶ

特にこだわりはないので、mSATAタイプで売れ筋あたりをさがすと、250GBほどある

  • メーカー:crucial
  • 型番:CT250MX200SSD3

あたりが妥当と判断しました。

2015年5月19日 情報処理室長・木谷

 

 

記事を評価する(This article is evaluated): [1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars] 未評価(Not Yet)
Loading...