動画ファイル「M2TS」ファイルをFinal Cut Proで編集する方法(MacOSX編)

映像関係データを編集するにあたって動画形式はとても重要です。

M2TSは、AVCHDで記録されたハイビジョンに使われる形式で、編集ソフトも限られています。

これをFinal Cut Proで読み込みたい場合には

  1. ビデオカメラをFinal Cut Proを導入している端末に接続し、Final Cut Proで直接読み込む
  2. M2TSファイルをMOVに変換する

あたりが一般的です。

MacOSXなら

あたりが使えるかと思います。

M2TSは非可逆圧縮ですので、変換を繰り返していくと動画像は劣化していきます。
もちろん、元が高クオリティですのでDVDやブルーレイなどの画質であれば大丈夫なんじゃないかなと思います。

より高クオリティを追求されるなら、そもそも論として生データ(非圧縮あるいは可逆圧縮)で保存できるデジタルビデオカメラで撮影する必要があります。

なお映像関連技術はとても奥が深いので、上記はあくまで解決手段の1つにすぎないので、興味があれはご自身でいろいろ試してみてください。

2015年5月21日 情報処理室長・木谷


記事を評価する(This article is evaluated): [1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars] 未評価(Not Yet)
Loading...