【所内向け】PCが乗っ取られる脆弱性を抱えたAdobe Flash Playerを利用していないかどうか

各位

先週以降、件名の脆弱性によってPCが不正侵入を受け、情報漏洩する事件の情報はニュースサイトなどに掲載されています。。

情報環境機構通知:http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/whatsnew/security/detail/150713053072.html

ニュースサイトなど問題のないサイトに表示される「広告」(Adobe Flash Playを利用)に着目し、皆が一般的に利用するサイトにアクセスするだけで、PCが乗っ取られるという手法です。

本研究所では被害報告はありませんが、お手持ちのPCのウェブブラウザで利用されているAdobe Flash Playerが「18.0.0.205」以上であることを確認してください(最新は、18.0.0.209)。

ブラウザごとに確認が必要です。

バージョン確認サイト:http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

最新でない場合のアップデート方法

1. Windows8 / 8.1のInternet Explorerの場合

Windows Updateを実施してください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/j_musteps.aspx

2. Windows7以下の Internet Explorer 8 / 9 / 10 / 11の場合

最新Flash Playerをダウンロードしてアップデートしてください。
– Internet Explorer 9/10/11: https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235970.html
– Internet Explorer 8: https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235970.html

3. Google Chrome の場合

Google Chromeのアップデートを確認してください。
– https://support.google.com/chrome/answer/95414?hl=ja

4. Mozilla Firefox / Safari等、その他ブラウザの場合

最新Flash Playerをダウンロードしてアップデートしてください。
https://get.adobe.com/flashplayer/?loc=jp

アップデート後のバージョン確認

を確認し、「18.0.0.205」以上になっていることを確認してください。

 

2015年7月23日 情報処理室長・木谷

記事を評価する(This article is evaluated): [1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars] 未評価(Not Yet)
Loading...