名誉教授向け生涯ID(メール)サービスについて

京都大学名誉教授向けに、ECS-ID(学生用アカウント)が発行され、学内メールおよび図書館サービス、ネットワークサービス等が利用できるようになっています。

名誉教授として ECS-ID を取得された場合、そのECD-IDは更新不要で生涯にわたって利用できます。
学部生・大学院生用(いずれは教職員にも提供)の生涯メール(転送サービス)と異なり、メールボックスのあるメールアドレスとして利用できます。従って転送先メールアドレスは不要で、京都大学のメールサービスを生涯にわたって利用できます。

詳細は下記をご覧ください

 

記事を評価する(This article is evaluated): [1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars] 未評価(Not Yet)
Loading...