【注意喚起】猛威を振るうランサムウェア、ECS-IDおよびパスワードを入力させるアプリにご注意!

全学IDを利用するアプリにご注意

ECS-IDとパスワードを入力させる時間割スマートフォンアプリが出回っているようです。

以下、情報環境機構からの通知より一部抜粋して掲載しています。IDの取り扱いにはご注意ください。

===抜粋開始===
全学サービスである「SPS-ID」や「ECS-ID」を利用し学内情報システム内の情報を取得するアプリを使用する行為は、全学情報システム利用規則第8条(1)及び(4)に抵触します。したがって、これらのアプリは使用しないようにしてください。

なお、これらのアプリを利用したことで、KULASISに登録されている履修登録や成績、住所などの個人情報が、流出または改ざんされる可能性があります。また、迷惑メール送信に悪用されるなど他者に損害を与える可能性もあり、場合によっては損害賠償請求の対象となり得ます。

すでにこれらのアプリを使用している学生については、即座にアプリをスマートフォンから削除し、ECS-IDのパスワードの変更を行ってください。

===抜粋終了===

猛威をふるうランサムウェアにご注意

ランサムウェアに感染すると重要な情報へのアクセスが阻害されてしまう恐れがあります。
現在、Microsoft 製品の脆弱性をついた攻撃によって世界中で猛威を奮っております。
情報環境機構からのアナウンスをご一読の上で、Windows OSをお使いの方は下記の点をチェックお願いします。

  1. Windows Update を確認し、最新版が適用されていることを確認(Windows 7 / 8.1 / 10)
    参考:https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/pc-security/j_musteps.aspx
  2. セキュリティソフトのウィルス定義が最新(昨日あるいは今日の日付)であることを確認
    参考:http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/195?site_domain=private

2017年5月15日 情報処理室長・木谷


記事を評価する(This article is evaluated): [1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars] 未評価(Not Yet)
Loading...