【Macユーザー各位】新OS「macOS 13 Ventura」リリースに伴う対応について

各位

Macの新OS「macOS 13 Ventura」が、10月25日(日本時間)にリリースされました。

本研究所セキュリティソフト(ESET)の対応版となる v7.2.1600 をダウンロード(本研究所 SPS-ID保持者のみ)できるようになりました。

これをもって4つ前のバージョンとなる macOS 10.15 Catalina のサポートが切れた可能性があります。もし Catalina あるいはそれ以前のOSを使っている方は、macOS Big Sur 以降へのアップグレードを推奨します。

Ventura を導入できない端末については、それ以前のバージョンへアップグレードできる可能性がありますので、試してみてください。

OSアップグレードに伴う本研究所セキュリティソフト(ESET)の注意点

OSをアップグレードする場合には、アップグレード前に ESETを一度削除してからアップグレードし、アップグレード後に Ventura 対応(v7.2.1600)の ESETをダウンロードしてインストールしてください。

手順に沿って対応しない場合には、インターネットへの接続ができなくなる恐れがあります。そうなった場合には、下記より別の端末でアンインストールツールをダウンロードして、該当端末にコピーして実行してください

詳細は、各種利用申請の「PC関係」の項目を参照してください。

2022年10月25日
情報処理室

記事を評価する(This article is evaluated): [1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars] 未評価(Not Yet)
読み込み中...