活動内容

本研究所だけでなく必要に応じて関連機関への情報基盤、情報発信ためのハードウェアやソフトウェアを提供・支援しています。特に近年は、Global COEプラグラム「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」(2007 – 2011年度)において、Webベースの情報発信ツールである「Content Management System (CMS)」を利用した産学官連携によるウェブサイト開発・構築についての新たな試み(*1)をし、一定の成果を挙げることができました。

*1: 「大学がオープンソースコミュニティに貢献する関連記事)」「GoogleMapsAPI をGeeklogで使う簡単便利なプラグイン」(Global COEプログラム)

2012年度は、2011年度より利用し始めたCMS「WordPress」の研究開発を開始し、WordPressコミュニティ(WordBench京都等)と連携しながら開発したツール類の一部を公開(開発したツール)するなど、社会貢献的活動も視野に入れて活動しています。

[主な支援活動]
本研究所・研究部を基軸に置き、所員が快適に研究・研究支援できるような様々なサポートを行っています。
効率的に行うための骨子は、問題の予防・早期発見を如何にして行うかです。そのために、事前予防可能な対策および常日頃からの情報収集やコミュニケーションを密にすることを心掛けています。
300台弱ある所内PCの日常的なソフトウェア、ハードウェアのトラブル応対やセットアップ、導入に際してのコンサルティング、サーバの管理運営(サーバは一元管理)、共用ルーム(コンピュータ室、GISラボ室)の情報基盤管理運用など幅広い業務内容があります。コンサルティングにはプロジェクト支援等も含まれます。詳しい内容は所内サービスをご覧下さい

  • ヘルプディスク
  • コンサルティング
  • 端末セキュリティ対策
  • ネットワークサービス提供
  • 開発(システム・データベース)

日常業務以外の主な活動

日常的なサポート業務を除いた、年度ごとの主な活動内容です。

 2013年以降

東南アジア逐次刊行物データベース構築研究会を基軸として、科学研究費基盤(C)や共同利用・共同研究拠点の公募共同研究等での共同研究にて、東南アジア逐次刊行物総合目録データベースの開発ならびにこれにまつわる技術供与(さくらサイエンスプログラム)や情報発信(京都大学アカデミックデイ2015図書館総合展)を展開しています。

また、GoogleヘルプフォーラムやWordPressコミュニティ(WordBench京都や大阪)、に参加し、WordPress 公式イベント(WordCamp Kansai)やオープンソース系イベント(関西オープンフォーラム)の運営側の一旦を担うなど、プラグイン開発や公開、技術サポート、発表、ハンズオンなど、積極的に得た技術の社会還元を展開しています。

2012年度(予定含む)

2011年度

2013年1月10日 情報処理室長・木谷