学内の遠隔講義サービスについて

新型コロナウィルスの影響で各所でオンライン授業の準備が進められています。
そこで本研究所に関連する情報をまとめるページを立ち上げました。

セキュリティ対策を心がけてください!

新型コロナウィルスの影響で、遠隔会議システムを利用するケースも増えてきています。
これに乗じて、遠隔会議システムを経由してマルウェアに感染させたり(ファイル転送機能を利用)、意図しない画像を表示させる(画面共有機能を利用)ようなことをされてしまうことがありえます。特に、個人端末が接続するケースも想定されることから、参加する端末のセキュリティ対策も重要になってくるということです

遠隔会議や講義システムを利用する際には、利用する端末のセキュリティ対策にも十分に注意を払ってください。

Zoom のセキュリティについては、

の中程をご参照ください。

様々な活用術

京都大学における遠隔会議システム

全学アカウントで下記のサービスが利用できます。
ただし zoom についてはアカウント取得制限があるので注意が必要です

本研究所(京都大学東南アジア地域研究研究所)

本研究所については、G Suite (Google) クラウドサービス内にある「Google Hangouts Meet」を所員向けに提供しています。

セキュリティ対策

をご参照ください。

また会議室での利用の際には、状況に応じて Googleカレンダーと連携できる Google Hangouts Meet ハードウェア(Chromebox for Meetings)を使った遠隔会議も支援しています。さらにジャカルタ連絡事務所にも遠隔会議システムを設置し、学内との打ち合わせ等に活用しています。

Google Hangouts Meet ハードウェア側からは画面共有機能が使えないため、必要に応じて貸し出しPCなどを通じて画面共有をできるようなサポートもしています。

注意:即時利用できるわけではなく、実施環境・目的に応じて利用形態を検討する必要があるため、事前に十分な準備や打ち合わせが必要となります。

京都大学におけるオンライン授業システム

学内あるいは各学部・学科向けにオンライン授業に関する情報サイトが整備されています。

オンライン授業(大学院工学研究科)

詳細なマニュアルを整備されています。

【New】ICTを用いた業務のために(大学院教育学研究科・教育学部)

丁寧なマニュアルが掲載されています。

オンライン授業リソース(高等教育研究開発推進センター)

京都大学の各部局で作成・公開されている支援リソースと海外大学の支援サイトを紹介されています。

京都大学における遠隔講義支援サービス(情報環境機構)

以前より、様々な遠隔講義に関する支援をされています。

注意:即時利用できるわけではなく、実施環境・目的に応じて利用形態を検討する必要があるため、事前に十分な準備や打ち合わせが必要となるので注意が必要です。

2020年3月30日